白球をギターに持ち替えて

こんにちは、Musicbank!スタッフの手塚です。

今日は魂のシンガーソングライター、岩谷淳君をご紹介しようと思います。

さて、どんな演者さんかと言いますと、バリバリの体育会系!

高校時代は野球に情熱をかけ、甲子園を目指していたという高校球児、

当時は利き腕の右肩を触られることも本気で嫌がっていたというストイック加減

素敵な笑顔で挨拶を欠かさない、誰よりも早く現場に入る、そんな心意気に惚れ惚れします。

しかし、そんな彼ですがステージに上がると雰囲気が一変します!

相棒のギターと紡ぎ出す飾り気のない歌詞とメロディー、ただただ聴き入ってしまいます。

まっすぐなんです、とにかく歌に対して直球勝負。

 

予想を裏切ってくれるのも彼の持ち味!例えば、こんなことがありました。

去年、クリスマスの日に新曲作ってきました!との報告を受けた際、その笑顔とテンションから、

ノリの良い曲を予想していた私に、ステージで彼が歌った曲は、失恋のバラード!

まぁ裏切られました(笑)

 

私はいつも、Live前に彼にだけ向かっていう言葉があります。

死んでこい! と私は言っています。 明日が来ないつもりで歌ってきなさい、と

 

今日も死んできます!

彼はいつも笑顔でそう言ってステージに立ちます、身体中から振り絞って声を出し、汗だくでステージを降りる彼、素敵なんです。

彼の代表曲『過去とか未来とか』一度聞いて見てください、Liveで。

心を震わせる自信がありますよ。

 

twitter→https://twitter.com/iwaya_jun